消費者金融の限度額を最短で増額する裏ワザはある?

 

消費者金融を利用していると、限度額であるキャッシング枠を増額したくなる時があるでしょう。

 

最初の契約時に決められたキャッシング枠を超えるまとまった金額が必要となった場合、もしくは最初の申込みで審査に通りやすい方法として少なめの金額を設定した後に希望する金額まで枠を広げてもらいたい場合など、増額の理由とタイミングは様々あります。

 

キャッシング枠を最短で増額する裏ワザがあるのです。

 

なぜ最短なのかというと、キャッシング枠の増額に関しては、利用者が望むことはできません。消費者金融側のタイミングで行われます。なので増額の連絡をひたすら待つだけなのです。

 

契約時に決まった限度額であるキャッシング枠をできるだけ最短で増額する裏ワザについて解説します。

 

・裏技1.-まずは会員ページを細かくチェック

キャッシング枠(限度額)を増額したい時、まずはホームページを細かくチェックしてみましょう。

 

消費者金融によっては、今できるキャッシング枠(限度額)の増額可能枠について記述があると思います。

 

キャッシング枠(限度額)が増額できると書かれていたら、増額を行うチャンスです。

 

・裏技2.-既存カードを解約する

使っていないクレジットカードやキャッシングカードがあったら、この際、解約を行なってください。

 

カードの枚数は増えれば増えるほど、キャッシング枠(限度額)増額時に悪影響を及ぼします。

 

既存カードを解約することにより、使っていないキャッシング枠(限度額)を減らすことも可能です。

 

クレジットカードに関してはキャッシング枠を利用していないのであればショッピング枠のみにすることも可能です。クレジットカードの買い物枠はいくら使っていたとしても総量規制に影響しないので問題ありません。

 

・裏技3.-いっそのこと他のカードに申し込む

キャッシング枠(限度額)の増額は、一人に対しての貸付残高が集中する事から、審査はより厳しくなります。

 

それよりは他のカードローンに新たに申し込んだ方が、枠を充分に貸してくれたりするものです。

 

中小消費者金融なら審査も緩くなります。

 

キャッシング枠・限度額の増額は裏ワザを使いましょう。

 

審査が簡単な中小消費者金融に申し込むことも1つの手です。

 

金利等は大手と変わりませんので、無理に限度額の増額にこだわる必要もありません。