カードローン審査に落ちたら次はどうやってお金を借りる?

 

あるカードローンに申込むと当然審査を受けなければなりませんが、もしその審査に落ちてしまうようなことがあった場合、次に新規でお金を借りることは出来るのでしょうか?

 

カードローン審査に落ちたら次はどうやってお金を借りる?

まずは審査に落ちた理由を考えなければなりません。

その理由がわかれば、次に他社のカードローンに申込む前に修正してから審査に臨むこともありです。
ただしこれは3回までが限度でしょう。なぜなら多重申込というペナルティーもあるので気をつけなければなりません。

 

申込みをしたご自分の情報のどこに不備があったのか。とりあえず審査の基本を考えるなら、借入れ簡易診断でチェックしてみるのも良いでしょう。

 

年齢制限が問題なら、通常ならカードローンは利用できません。働いてなくて無職でも当然カードローンの利用はできません。あとはすでに他社からの借入総額が総量規制の範囲を超えているかギリギリの場合も厳しいでしょう。簡易診断の結果だけでもこれだけのことがわかります。

 

もしかしたら借入れ希望額を少額にすれば審査は通る可能性は出てくるのではないでしょうか。最初から借入希望額を50万円や100万円に設定していませんか?

 

無担保無保証の消費者金融が駄目ならそれ以外しかありません。

カードローンの審査に落ちてしまったら、おそらくですが個人の信頼に対して貸しつける無担保無保証のローンの利用は難しいと判断していいのではないでしょうか。

 

残念ながらそうなってしまうと個人の信用以外を担保とする、つまり不動産や貴金属を担保として提出する方法を狙うしかありません。

 

具体的には 不動産担保ローンというローンやそれに類するローンを各社が提供しており、これを利用すると利用できる可能性はあります。

 

ただ不動産担保ローンであっても個人の信用判断は行われるので、キャッシングやカードローンで落ちてしまった人については対応が難しいと考えるのが妥当かもしれません。

 

また不動産担保ローンは高額融資が基本となるのでキャッシングがよく使われる10万円や50万円と言った融資にはあんまり向いているとは言えませんし、 そもそも担保となる不動産を用意しなければならないので誰もが簡単に対応できるものではありません。

 

ですから小額融資であれば、貴金属を担保にして質屋を利用して融資を受けるということになるかと思います。

 

質屋は厳密に言うと融資ではないのですが、お金を借りる方法としては昔からあるもので担保となる質草を渡してその評価額に従った融資を受ける。そして返済ができなければ質草を流すという形で 返済が終わるというものです。

 

ですから普通の借金と違って、返済が出来ないからといってペナルティはありません。その場合質草が流れるだけです。