カードローン審査で支払能力はどのような基準で査定されるの?

 

カードローン審査での支払い能力、査定方法などは、これから申し込む人には気になるので知りたいところです。

 

カードローン審査で支払い能力はどの様に査定されているのかについて紹介します。

 

申込してから申込内容で査定される

カードローン審査の支払能力は、申込内容で点数化され査定されます。

 

年収が400万円、借入社数は3社、勤務先は大手企業等といった細かい情報を点数化していき、過去のデータと共に支払い能力が確定します。

 

支払能力の査定はどんどん人の手を介さなくなる

支払能力の査定はカードローンだけでなく、住宅ローン、事業者向けローンなど全てのローンでシステム化されており、人の手を介さなくなっています。

 

銀行などに融資を依頼する金繰りシーンのドラマを見ていると、銀行員に「お金を融資してください」と頭を下げる債権者のシーンが偶にありますが、現在の支払能力審査の下では銀行員はどうする事もできません。

 

支払能力を簡単に上げる方法

支払能力を上げたいと思うのは全ての人に共通すると思います。

 

一番簡単に上げる方法は、借入先を減らす事です。

 

少額を3件借りている人より、高額で1件借りている人の方が支払能力は雲泥の差をつけられています。

 

小規模の細かい借入先を減らすように努力しましょう。

 

支払能力の査定は人の手を介さずデータでの査定されますので、泣き落とし等は通用しません。

 

大手企業より中小消費者金融の方が支払能力の査定を甘くつけてくれますので、審査に通過しないときは試してみるといいでしょう。