信用情報に残る滞納の履歴は今後の利用にどのように影響する?

 

キャッシング・カードローンを利用した後は、毎月の返済が不可欠です。

 

キャッシングを申し込む時、多くの方は借りる事だけを考えて、返済の計画などはあまり頭に無いようです。しかし実は返済はとても重要なんです。

 

もし、毎月の返済に遅れすぎると、信用情報に記載されて影響が出てしまいます。

 

どんな影響が出るのか、知りたい方は次をご覧下さい。

 

○ 金融事故となる

キャッシング・カードローンの返済を滞納すると、金融事故として記録されます。

 

1日2日遅れただけなら大丈夫ですが、3か月以上61日以上といった長期滞納は金融事故となる可能性大です。

 

この金融事故は本人の信用情報のみに記録される関係上、建前上では家族に影響が出ないことになっています。

 

○ クレジットやローンの審査に受からなくなる

ローンの審査では申込者の信用情報に照会をかけており、金融事故の記録がある場合は落とすことが多いです。

 

お金が必要になっても、借りるのは無理だと思って下さい。

 

この金融事故の記録は、ブラックリストとも呼ばれます。

 

中にはブラック可という金融業者が見られますが、闇金である可能性があるため、手を出さないほうが無難です。

 

その他にも金融事故を起こすと、クレジットカードも作れなくなります。

 

クレジットカードに申込みしても入会審査に落ちてしまうでしょう。

 

支払いが困難になった時の解決策として債務整理がありますが、本人の信用が著しく落ちるため、既に持っているクレジットカードでも強制退会となりかねません。

 

○ 期間の経過とともに影響が少なくなる

金融事故が信用情報に記録された後、期間の経過とともに影響が少なくなっていきます。

 

しばらく期間がかかりますが、金融事故は信用情報から削除されるのです。

 

削除された後は、クレジットやローンの審査合格が期待できるでしょう。

 

ただし、ホワイトという信用情報に何も記録がない状態だと、過去の金融事故が疑われる可能性があります。

 

20代の場合はホワイトでも影響は少ないですが、30代でホワイトの方は影響が大きくなりやすいために注意したいところです。

 

○ まとめ

ここまで滞納によって信用情報に記載された時の影響についてご紹介してきました。

 

滞納すると大きな影響があるため、毎月の返済は必ず守って下さい。

 

信用情報を扱っている信用情報機関に照会をかけると、自分の信用情報を見ることが可能です。

 

削除されたか知りたい時は、照会をかけてみると良いでしょう。