消費者金融での複数社借入れは危険?新規借入れでの審査は?

 

消費者金融、せっかく借りても限度額いっぱいまで借りてしまって、困った事態に陥るケースは多々あります。

 

そんな時は複数借入に切り替える事が有効な解決手段となりますが、複数借入をしていると審査基準のハードルが高くなる事もなるのです。

 

複数社借り入れ時の審査基準と注意するべきポイントについて解説します。

 

・消費者金融の複数社借入の審査基準、総量規制が邪魔する

消費者金融は総量規制という法律の縛りを受けています。

 

この総量規制、年収の3分の1を上限にしているので、既に達している人は有無をも言わさず審査に落ちることになります。

 

1社で既に総量規制一杯まで借りていると、他の会社に申し込んでも落ちる結果になるでしょう。

 

・借入先が複数社あると審査は厳しくなる

総量規制に余裕があっても、借入先が複数社になると多くの会社の審査基準で大きなマイナス評価にされます。

 

これは借入先が複数社だと、月の最低支払額が増えて資金ショートを起こしやすいからです。

 

消費者金融で複数社から借りることは法律上可能ですが、総量規制もありますので現実的には4社〜5社が限界でしょう。

 

・最初の借入は銀行カードローンを狙う

大きな金額を借りなければいけないとわかっている時、最初の借入は銀行カードローンに申し込むといいでしょう。

 

銀行カードローンは総量規制の影響を受けません。

 

消費者金融から借りていると状態で銀行カードローンに申し込むより、最初は銀行カードローンに申し込んだ方が審査に通りやすいです。

 

消費者金融からの複数社借入は総量規制に注意して行いましょう。

 

借入はなるべく少なくするのが基本ですので、無理に何社も借入先を増やさない方が無難です。